2014年04月01日

新宿コントレックスvol.12

タモリを失った新宿アルタを抜けるとそこは新宿シアター・ミラクルだった。
コントイベント『 新宿コントレックス』も数えることvol.12。
 AB71F0AF-B5E5-4DF7-B807-2E9EEAEFE549.jpg
 毎回思うのは、コントレックスにおける客席の暖かさ。やっぱり爆笑ってのはプレイヤーとオーディエンスの間に産まれるモノだろうから、「笑いに」来てくれる、コントを観に来てくれるお客さんの前で、「笑わせること」を第一義とした「コント」を上演できることは単純に楽しいし、有難いことに色々な人の協力でこういう場を提供できる(お客さんにも競演者にも)ことは、凄く意味があることだと思う。
 まあ、コントレックスでのウケは多分にホームタウン・ディシジョンなんだから、あんまりココに浸っていてばかりでもダメなのだけど。
 それでも作品を作って演ってウケるってのは、何よりも気持いいわけですので、少しだけ浸らせて。
 
 まあでも今回は、持って行かれた悔しさが。結構いいネタだったから特に。

 明日から今度は本公演の稽古。こういう日は、芝居が楽しみ。

 
 

posted by 淺越岳人 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック